T&T United Inc.

Knowledge over the Air

海外の教育系サイトでよく見かける「インフォグラフィック」って何?

      2014/09/25

海外の教育系サイトを見ていると、よく見かけるのが上のようなイラスト。

なにやらポスターのようなプレゼンテーション資料のような。これ、何なんでしょう?

スポンサーリンク

答えは「インフォグラフィック」

インフォグラフィックは、情報を視覚化して伝えるためのツールです。

インフォグラフィック(英語: infographics)は、情報、データ、知識を視覚的に表現したものである。インフォグラフィックは情報を素早く簡単に表現したい場面で用いられ、標識、地図、報道、技術文書、教育などの形で使われている。
Wikipedia

なぜインフォグラフィックが使われるの?

言葉では理解しづらい情報を素早く伝えることができるためです。

統計資料や、「一目勝負」ともいえる雑誌やウェブページなどの流し見・流し読みされるメディアでよく使われています。

企業のブランディングや、マーケティングに使われることもあります。

最近では、Facebookなどのソーシャルでもよく見かけるようになりました。

まさに「百聞は一見にしかず」の効果を狙って作られます。

日本でもインフォグラフィックは使われているの?

はい。「東洋経済」のような統計情報を駆使した雑誌でよく目にします。

一方、日本ではウェブページで使われる例は少ないようです。教育系のサイトでもあまり見かけませんね。

自分でもインフォグラフィックを作れるの?

はい。自分でインフォグラフィックを作れるWebサービスがいくつか存在します。

visual.ly

Infographics & Data Visualization | Visual.ly

visual.lyトップページ

visual.lyトップページ

Piktochart

Piktochart: Infographic and Graphic Design for Non-Designers

Piktochartトップページ

Piktochartトップページ

Piktochart編集画面

Piktochart編集画面

infogr.am

Create infographics & online charts | infogr.am

infogr.amトップページ

infogr.amトップページ

infogr.am編集画面

infogr.am編集画面

Piktochartとinfogr.amを無料で試用してみました。

非常によく考えられたWebサービスという印象を受けました。

サイトへのアクセスから、利用者登録、動画のチュートリアル、作業画面へと、戸惑いなく流れるように作業を進められます。

さらに、その流れの中で常に画面上にオンラインチャットの小窓が開いており、いつでも人的サポートが受けられるようになっている点に驚きました。

なかなかここまで行き届いたWebサービスを作りこむのは難しいですよね。

グラフィックを作成するコアの部分は、可もなく不可もなく、出来上がりもまずまずで、まあこんな感じかなという印象です。

プロに頼むといくらくらいするの?

ネットで調べた範囲では、インフォグラフィックの作成をプロに頼むと、20万円~100万円程度の費用がかかるようです。

■参考サイト

SERVICE | infographic.jp - インフォグラフィックス by IOIX

クラウドソーシングを活用すれば、より費用を抑えられるかもしれません。しかし、品質に不安もあります。

優れたインフォグラフィックを教えて

例えば、アメリカで人気の誕生日を視覚化したこちらのインフォグラフィックはいかがでしょうか。

How Common Is Your Birthday? | The Daily Viz

9月16日が最も人気(出生者数が多い)、2月29日が最も不人気(出生者数が少ない)だそうです。私の誕生日は・・・と(不人気でした)。

動画のインフォグラフィックもあります。

Ending Overfishing from OCEAN2012 on Vimeo.

魚の乱獲に関する情報、データ、知識が見事に視覚的に表現されています。

まとめ

本記事のまとめです。

  • インフォグラフィックは、情報、データ、知識を視覚的に表現したもの
  • 統計資料や雑誌、ウェブサイト、ソーシャルなどで活用されている
  • 自分でもインフォグラフィックを作れるWebサービスがある
  • 優れたインフォグラフィックは複雑なことを簡単に頭に入れてくれる

以上、提案資料やWebサイトに取り入れてみたい、インフォグラフィックについてでした。

スポンサーリンク

 - コラム