T&T United Inc.

Knowledge over the Air

(2012/1/1)スマートフォン/タブレットの使い過ぎで「断片化」した生活を立て直せ!

      2014/09/25

スポンサーリンク

スマートフォン/タブレットの急速な普及

過去にテレビやインターネットが急速に普及したときと同様、スマートフォン/タブレットが人々の生活に急速に浸透している。ある調査会社の発表によると、現時点(2012年1月時点)で、すでに日本人の2割以上がスマートフォンを所有しているという。世帯単位でみれば、さらにその比率は高まる。ほんの2年前には、スマートフォンを持っている人などほとんどいなかったわけだから、まさに「急速な普及」という言葉にふさわしいスピードである。

スポンサーリンク

スマートフォン/タブレットで生活が「断片化」する?

私は、仕事柄、多数のスマートフォン/タブレットを所有している。試しに、今現在、自宅や外出先でよく利用しているスマートフォン/タブレットを列記してみよう(純粋に開発用端末として利用している端末は除いた)。

  • Apple iPhone4(スマートフォン)・・・仕事用の携帯電話として利用
  • Samsung GALAXY nexus(スマートフォン)・・・主にプライベート用の携帯電話として利用
  • Apple iPad(タブレット)・・・自宅でインターネット・ブラウザとして利用
  • Motorola XOOM(タブレット)・・・自宅や外出先で主にFlashサイトを見るためのインターネット・ブラウザとして利用
  • Apple iPod touch(小型タブレット?)・・・ベッドで寝る前に音楽を聴くために利用

嘘ではなく、本当に5台の端末を日常的に利用している。どの端末にもそれなりに長所・短所があり、切るに切れないまま使い続けているのだ。

さて、スマートフォン/タブレットを使うようになり、日ごろの生活が大変便利になったと感じる一方、生活が「断片化」してしまったと感じるようにもなった。生活が「断片化」するというのは、私の造語である。意味としては、以下に示すような、細切れな時間の使い方をする生活スタイルのことを指して言っている。もともとコンピュータ用語で、データが細切れになって保存されることを「断片化(fragmentation)」といっており、現在の私の状況にぴったりな感じがしたので使わせてもらった。

「断片化」した生活の例:

  • 15分に1回、やっていることを中断してスマートフォンでメールをチェックする
  • 1時間に1回、やっていることを中断してスマートフォンでFacebookをチェックする
  • 少しでも空き時間ができると、スマートフォンでインターネットにアクセスする
  • 家族や友人と一緒にいるときにも、上記のようなメールチェック、Facebookチェック、インターネット・チェックを行い続ける

要するに、指先でスマートフォンばかりいじっている生活のことである。ヘビー・スモーカーが常に煙草に火をつけているのに似ている。

「断片化」した生活は、時間を浪費しているだけの生活に過ぎない

私に限らず、多くのスマートフォン/タブレット・ユーザーが、「断片化」した生活に陥っていると思われる。電車の中や喫茶店で回りを見ると、しきりにスマートフォン/タブレットをいじっている人をよく見かける。

スマートフォン/タブレットのユーザーが「断片化」した生活に陥ってしまう原因は、スマートフォン/タブレットが持つ「魔法のような」力にある。スマートフォン/タブレットは、「誰かとつながっていたい」「何か面白いことを見つけたい」という人間本来の欲求を、いとも簡単に、そして十分に満たしてくれる。

気をつけなければならないのは、「断片化」した生活は、多くの場合、時間を大量に浪費しているだけの生活にすぎないということだ。人は、メールを15分ごとにチェックしなくとも支障なく生きていけるし、Facebookも同様だ。もちろん、インターネットだって、そんなに頻繁に閲覧しなくともよいだろう。むしろ、そんなことはせずに、一つのことに長時間集中して取り組んだほうが、有意義な人生が送れるのではないかと思う。必要以上にスマートフォン/タブレットに時間を割くことは、何ら建設的な行為ではない。

時間の浪費から脱却するために、スマートフォン/タブレットを手なづける

スマートフォン/タブレットを持っている人は、自分の生活が「断片化」していないか、いま一度、見直してみる価値がある。スマートフォン/タブレットを指先でいじる頻度を減らし、代わりに仕事や家族・友人との交流に気持ちを集中したほうが、人生によい結果をもたらすだろう。

スマートフォン/タブレットは、魅力的な機器である。まるで魔法のようだ。だが、放っておけば、まるで猛獣のように、時間という貴重な資源を食い尽くしてしまう。うまく手なづけよう。

スポンサーリンク

 - コラム